小顔ちゃん®とは?
小顔ちゃん®とは、医学・歯学・薬学の3つの博士号取得の堀泰典先生(「体内静電気を抜けば病気は怖くない」著者)が、体内にある成分、ミネラル、植物エキスだけで医学技術を駆使して開発した特許取得化粧水。血液が体内を流れるときに、静電気が発生します。この静電気がむくみの原因です。堀先生は、初めて体内静電気理論を提唱し、世界的に注目されています。そして、研究開発されたのが小顔ちゃん®です。

 

 

 

小顔ちゃん®ご使用方法

 ご使用前に軽く振って下さい。下記の(1)~(3)の手順でお付け下さい。洗顔後、素肌に直接、または手の平に数回、スプレーし、通常の化粧水として何度でもお使い頂けます。この後に、いつもお使いのコスメでお手入れも出来ます。

■たった10秒のつけ方
 上から下に、外から内へと両手の指先をすべらせながら、さすってつけます。

  1. まず、額の中心から鼻筋を通ってあご先まで3回、次に外から内に、顔全体に3回さすります。
  2. 両耳のつけねから、あご先まで、あごのラインにそって3回さすります。次に指先をあご先からまっすぐ喉仏下の首のつけねまで、すばやく3回さすります。
  3. 両指先で、両耳のつけねからまっすぐ、首のつけねまで3回、両鎖骨のくぼみの上を、外側から内側に3回、くぼみの下を、外側から内側に3回、さすります。(服の上からでも大丈夫です。)

顔の半分に小顔ちゃん®をつけた実験

 愛用者のお二人に小顔ちゃん®を顔の右半分だけに付けてみました。


 

小顔ちゃん®でむくんだ生活にさよなら
次にスッキリ笑顔になるのはあなたです!
どうぞお使い下さい。

超音波パック洗顔石鹸
Earth Care & Self Care
Earth Beauty Soap

泡が弾けて汚れをとって
クリアーな肌へ!


熟成された石けんの芸術品。
刺激を与えない、こすらない洗顔がシミを作らない!
泡の弾ける力で汚れを浮かし保湿成分を残す独自の超音波技術製法

 オリーブオイルの名産で知られるシチリア島では、女の子が生まれると石けんを購入し、地下室で寝かせて、お嫁さんに行く時に持たせる風習があるのをご存知ですか? 長期間寝かせて熟成をすることによって、石けんの泡は細かく強く、マイルドで弾力に富んだ小さな泡になります。シチリア島の石けんのように、この石けんは5年~10年寝かせてあります。ワインで言えばロマネコンティのような最高の石けんの芸術品なのです!

超音波パック洗顔石けん使用方法

 美しく健康なお肌を保つ為の、お肌に刺激を与えずに汚れを浮かし、保湿成分はしっかり残す洗顔方法、それが泡のはじける力を利用した超音波パック洗顔です。



前すすぎ: まず準備です。髪の生え際まで洗うために、前髪を上げ髪はまとめておきましょう。きれいに手を洗った後、まず毛穴を開かせて汚れを落としやすくするために、ぬるま湯で顔を4~5回素洗いしましょう。
ポイント1: ぬるま湯とは、お肌から皮脂が溶け出してしまう水温34度以下程度のお湯の事。お水より少しぬるいかな、程度で充分です。逆に冷たすぎるお水は、お肌表面の角質層に刺激を与えるだけで、お肌の老化やしわの原因にもなりかねません。最も刺激が少ないのが人肌に近いぬるま湯です。



泡たてネットにソープをつけ、良く泡立てます。できるだけキメ細かい、空気のふくらみが見えない、固い泡がつくれればOK。手の平いっぱいに軽くツノが立つくらいの泡が適量理想です。



洗顔(1) 手とお肌の間に泡のクッションを感じながら、おでこ、頬、鼻、口、あごとお肌にじかに触らないように泡を置いていきます。
ひととおり泡を置いたら、おでこ、鼻、あごは指の腹で泡をそっと押します。頬や目のまわりは乾燥しやすいので、泡を置くだけでも十分に汚れはくるみ取られます。
ポイント2: 手指とお肌の間には必ず泡がある事が大切です。残った泡で手の甲や腕まで伸ばしてお使い下さい。



洗顔(2) ここで洗い流さずに、泡を顔に乗せたまま1分置いてください。泡がプチプチはじける超音波力で毛穴の汚れを浮かします。長くてもトータル2分以内に。

すすぎ ぬるま湯を額からアゴにかけて、顔の外側から中心に向けて、手はできるだけ触れない気持ちで優しくすすいで下さい。



タオルで押さえるように水分を取ります。タオルを部分部分に置いて、水分をタオルに吸収させるような気持ちで、決してこすらないで下さい。

 
© Copyright 2010-2021 Doctor-San co.,ltd.