ドクター・サン感謝の会

人助けをし、大きな感謝を受けたのですが、サンリングの効果に私が驚きました。

近影
氏名
芝田寿美子
年齢
74歳
性別
女性
住所
岐阜県岐阜市
掲載
2005-03-25

2003年9月の第1土曜日に私のお得意様である杉山さんのご主人が風呂上がりにビールを呑んで夕食を食べていらっしゃっている時に急に倒れて救急車で病院に運ばれ、その夜もう生命が消えかけているとの事、お葬式の支度をするよう病院で言われたそうです。
翌日、私になんとか助けて欲しいと涙ながらに頼まれ、ふと下呂でもう1人男の方が3日3晩意識がなく病院で寝かされていた友人が手に指輪を全部はめてくれて生き返った話を思い出し、早速代理店さんに指輪をお借りしました。その日の夕方5時頃病室へ出かけ左手5本右手中指にはめました。すると1時間ほど経った頃、娘さんが見舞いに行かれたら、今まで「ガーガ」と脳梗塞特有の声しか出てない方が「ユカユカ後の事を頼むよ」と話され、ビックリしたと電話があり本当に驚きました。
その後、すぐ見舞いに来た人をエレベータまで見送られるなど、数々不思議なほど回復が進み、今では一般の人と変わらない生活をしていらっしゃいます。

Copyright © 2004-2022 Doctor-San Thanks Society.
著作・制作/ドクター・サン感謝の会