ドクター・サン感謝の会

80歳で自宅階段で転び「左大腿骨骨折」の大怪我。もう駄目かと思ったら今は、歩いています。先生に感謝。

氏名
友田甲子江
年齢
80歳
性別
女性
住所
静岡県浜松市
使用動機
娘の紹介
使用年数
1年6カ月
使用本数
サンリング4本、サンリングフット、ブレスレット2本
掲載
2005-07-29

年齢と共に、体の色々な所が不調になってくるとは思っていましたが、突然夕方になると右胸と鎖骨の中間くらいの所がモゾモゾして、毎日の事ゆえ気になり、病院で検査をしてもらっても特に異常はないとのことでした。でも、何か悪い病気の前兆かと心配し、娘に相談した所、ブレスレットとリングを紹介してもらい、さっそくはめてみました。
2カ月ぐらい過ぎた日、あら不思議、あのモゾモゾがいつの間にか無くなっているのに気付きました。嬉しかったです。半信半疑だったし、ただはめているだけのことでしたから、心から感謝しております。
また、去年10月に玄関の階段で滑って転び、左大腿骨を骨折して入院、手術となってしまいました。寝たきりになっては大変と、堀先生よりのご指示により、フット、ブレスレット(足に着けるため)、リングを注文し、手術後すぐにしました。
手術後の経過も良く、担当医の先生もびっくりされるくらいでした。2カ月後に退院し、始めは痛みも少しありましたが、現在は用心に杖を持っていますが、歩いて買い物や、ゲートボールも楽しんでいます。以前のように、自転車に乗って、趣味のサークルに参加できる日も近いと思います。
本当にありがとうございます。心から感謝しております。

Copyright © 2004-2021 Doctor-San Thanks Society.
著作・制作/ドクター・サン感謝の会