ドクター・サン感謝の会

これからの人生を健康で明るく過ごしたい。加齢を恐れずスリムイヤーで若さを自慢。

近影
氏名
日下部幸子
年齢
63歳
性別
女性
住所
静岡県天竜市
使用動機
健康、体質改善
使用本数
サンリング4本、サイクロン、スリムイヤー、サンブレス2本、エレキトル、ホーリー
掲載
2005-04-22

サービス業でもあり、リングを紹介されてもあまり興味を持てなかったが、退職後、健康管理と持病のヘルニア改善との思いでリング4本、ブレス1本装着する。
30代に膠原病の疑いで名古屋と相模原の大学病院で検査を受けており、体質的に粘膜が弱く、口内炎がよく出来、口腔用軟膏が永年の常備薬でしたが、3カ月ぐらいして口内炎が出来なくなってきたことにまず気付く。その後、出来た時は蓮を頻繁に幹部に付けることで軽く済み、食のしみる苦しみを忘れています。その後、血圧脈波検査解析結果も同年代の平均値と比較して低値でした。薦めた先生も笑って検査表をよこしました。リングの威力で大きく体質が改善されてきていたので驚きでした。
さらなる改善を願って、足にブレスとリング、右手にサイクロン1本を追加し、常用です。
忘れがちですが、スリムイヤーこそ、加齢と共に忘れてはいけないと装着を心掛けています。
まず健康であって欲しい。身内の方達も元気になり、ドクター・サンの威力を感じ、感謝され、良いことをしたと喜んでいます。
堀泰典先生、本当にありがとうございました。

Copyright © 2004-2021 Doctor-San Thanks Society.
著作・制作/ドクター・サン感謝の会